auビデオパスの料金について

auビデオパスは他の動画サービスに比べると利用料金が低価格で、手頃に楽しむことが出来ます。今回は、auビデオパスの基本利用料金と、レンタルを利用した場合どのくらいかかるのかについて解説していきます。最後に料金の支払い方法についても解説するのでそちらも参考にしてください。

auビデオパスの月額料金

auビデオパスの基本利用料は、見放題プランで月額562円(税込)です。

定額制の動画配信サービスの利用料は、下限370円(amazonプライムビデオ)から上限1990円(U-NEXT)程度までと幅広く設定されていて、利用条件やレンタル料の別途課金、作品数はサービスごとに異なります。

auビデオパスの場合、作品数でいえばdtvやU-NEXTなどの12万以上を有するサービスには及びませんが、独占配信作でもない限りは、有名なものや人気のものがひととおり揃っていますのであまり不便な印象は受けません。オールジャンルの作品見放題+毎月1本は新作レンタルが楽しめて月額562円(税込)という料金設定は、とても良心的で利用しやすいのではないかなと感じます。

例えば、連続ドラマ11話くらいをレンタルショップで借りて視聴するとなると、1本2話収録で5,6本は借りなければ観終われませんが、そうするとDVD1本100円レンタルするとして500~600円は掛かりますよね。ここでもう既に月額利用料を超えてしまうわけです。auビデオパスの見放題プランの場合、レンタル作品をのぞいてどのようなドラマを何作品、それに加え映画やアニメをどれだけ視聴しても562円を超えることはありませんので、安心です。

auユーザーであって、余暇やスキマ時間にちょこっと動画鑑賞を楽しみたいひとには利用をぜひおススメします。利用開始にはau IDが必要で、手続きは公式サイトから行うことが可能です。

auビデオパスのレンタル料金の種類

  • アニメ…1話につき、¥100~¥250(税抜)
  • ドラマ…1話につき、¥260~¥400(税抜)※国内・海外共通
  • 邦画…¥300~¥500(税抜)
  • 洋画…¥200~¥500(税抜)
  • 音楽・バラエティ・お笑い…¥200~¥500(税抜)
  • 一部の舞台作品…¥800~¥1500(税抜)※7日間レンタル制

 

それでは、各ジャンルのレンタル料金についてもう少し細かくみていきましょう。

アニメ

「アニメ」のレンタル作品については、1話¥100~250となっています。1話~10話までは無料で観られるけれども、最新11話のみ¥200で視聴できますよ、というような形をとっていて、1週待てるのであれば無料視聴できるようになる可能性が非常に高く、あえて急いで見なくても良いような気もします。

ドラマ

「ドラマ」のレンタル作品については、現在放送中のドラマの見逃し配信が1話¥300程度なのですが、アニメとは異なり第1話目から有料レンタルとなる作品が多い傾向です。個人的に、1話約50分の再生時間で¥300は少し割高な印象を受けますが、大好きでハマっているドラマだとしたらちょっと迷うかも知れません。過去(数年前)の人気ドラマについても同様で、1話¥250~となっていて、この辺の、配信サービスで見るかレンタルショップで探すかの判断は人によって分かれそうなところです。今すぐ見たい!とか、最寄りのショップに無い!という場合におススメです。

邦画・洋画

「邦画・洋画」などの映画作品については、過去作から最新作まで揃って、1本¥200~¥500に設定されており、レンタルで視聴するのに最も妥当かなと個人的には感じますし、実際いちばんビデオコインを使用しているのも映画です。再生時間をどうしても考慮してしまうため、約2時間で幾ら、と考えると映画に使うのがお得かなという印象です。ときどき、¥700くらいで一般レンタル開始前の最新作先行配信というものもやっているので、流行に敏感な方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

音楽・バラエティ・お笑い

「音楽・バラエティ・お笑い」の項目には、例えば音楽ですと、アイドル出演番組(AKB,SKEなど)や大御所アーティスト(忌野清志郎やアルフィーなど)の貴重なライブ映像、宝塚歌劇団の過去の公演映像といったものがあります。バラエティには、大泉洋でおなじみの「水曜どうでしょう」「おにぎりあたためますか」、他には「マツコの知らない世界」などがあり、各回200円程度です。お笑いにはバカリズムやバイきんぐ、ロッチやアンタッチャブルなどの単独ライブがあり、各¥300程度です。こちらの、音楽・バラエティ・お笑いの項目については、DVD・ブルーレイ化されていない作品もありそうなので、レンタルで見られるのはラッキーかも知れません。

一部の舞台作品

「“一部の舞台作品”って何ですか?なんでそんなに高いの?」と思いますよね。この、一部の舞台作品というのは例えば、人気アニメのミュージカル・舞台化作品や、有名劇団の最新上演作などです。舞台作品というのは性質上、大抵のアーティストのライブ動画などと同様に、その会場にいた参加者のみが楽しめるエンタテインメントであり、ライブDVDでも購入しない限り鑑賞できませんね。そういった意味でのレア度、そしてレンタル期限が7日間と、長く借りられるところなどが理由といえます。

ちなみにauビデオパスの場合、ほとんどの動画のレンタル期間は、基本2日間~3日間程度に設定されています。確実に見られそうなタイミングで借りることをおススメします。

auビデオパスの料金の支払い方法

auビデオパスの月額利用料は、「auかんたん決済」で支払うことが可能です。これは、スマホなどの利用料金と合算で支払う方法で、その名の通り、めんどうな手続きを挟まなくて良いのでとても簡単です。実際、auビデオパスユーザーの方のほとんどがこの支払い方法を選択していると思われます。auかんたん決済の請求としてクレジットカードで行うか、口座振替か店舗支払いになるかは、個人の事情によって異なります。

レンタル料金の支払いにはビデオコインもしくはau walletポイント(auポイント)を利用することが可能です。ビデオコインは見放題プランであれば毎月540円相当プレゼントされますが、レンタルしたい作品が多ければ、もちろん不足することもありえますよね。その際は「コインが不足しています。追加購入しますか?」といった質問がされます。コインは、100円・300円・600円のいずれかの単位で購入可能で、その場合もauかんたん決済で支払います。

コイン購入の際には、契約時に決めた4桁の暗証番号の入力が必要になりますので気に留めておきましょう。

auビデオパスの料金体系から考える初心者さんへのアドバイス

私の場合は、毎月、見放題作品をいろいろ+映画1~2本(毎月付与されるビデオコイン使用)のバランスで追加料金を発生させず十分に楽しめています。

これからauビデオパスを使ってみようかなという初心者さんは、最初は月額料金の範囲内で楽しんでみると良いでしょう。利用料や追加レンタル料金が、自分の見たい作品ジャンルや作品数のバランスと合っているかどうかを試してみてから、長期間利用するか検討することをおススメします。

【追記】

auユーザーならauビデオパスを一度は試してみたいですよね。

「auユーザーならお得だから興味がある!!でもお金は使いたくない!!」

そんな人に役立つ初回30日間無料キャンペーンをauビデオパスは開催中です。無料でauビデオパスを試せるこのキャンペーンはいつまで続くか不明です、気になっている人はこのチャンスを活用してください。

[PR]
⇨auビデオパスの30日間無料キャンペーンをいますぐチェックしてみる!!